心をコントロールできなくなったら自律神経失調症を疑おう

カウンセリング

自分でセルフチェック

hospital

乳がんのセルフチェックは、自分でできる唯一のチェック方法です。日頃の触診や視診で見つけられるものですので、面倒くさがらず定期的に行いましょう。入浴時にできる簡単な触診なら続けられます。乳がん検診は早期発見に大変役立ちますので、積極的に受けましょう。

Read More

女性に多い胆のうトラブル

man

胆のうがんは肝臓の下にある胆石にできるがんであり、食後の腹痛や腰痛などによって症状があらわれてきます。胆のうがんは女性に多く、原因の1つである女性ホルモンと胆石との関係性が指摘されています。疑いのあるときはまずは検査を受けるようにし、胆石の有無も確かめながら処置を受けていく必要があります。

Read More

健康診断と人間ドッグ

male and female

法律で義務化されている健康診断を受けるなら、医療や健康の様々な悩みについて相談にのってくれるクリニックがいいです。大阪のクリニックでは、法廷健診や人間ドックだけでなく、オプションで脳や心臓、消化器、糖尿病などの様々な検査もしてくれます。

Read More

原因不明な体の不調

MAN

神経バランスの乱れが原因

人間の体には大きく分けて二つの神経系があります。一つは運動神経です。指先を動かして細かい作業をする、足を動かして走るといった動作をする時に使われる神経です。意識してコントロールすることができるのが特徴です。もう一つは自律神経です。こちらは心臓の拍動や、肺の動きなどを調整しています。主に内臓の動きを管理しており、意識していなくとも生命を維持するのに重要な働きをしているのです。自律神経はさらに二種類に分けられます。交感神経と副交感神経です。交感神経は起きて活動しているときに活発に働いています。副交感神経は就寝時などの体がリラックスしている時に働いています。この働きのバランスが乱れてしまうと自律神経失調症となり、不快な症状が現れるのです。

多様な症状

自律神経失調症になっている人は様々な症状を訴えます。胃の不快感、頭痛、不眠、だるさなどです。便秘が苦しいという人もいれば、下痢に困っているという人もおり、症状の現れ方には個人差があります。原因の分からない症状を自己判断で自律神経失調症と考えるのは早計です。まずは困っている症状に関わる診療科目の病院を受診します。胃の不快感が強いのであれば胃腸科や内科を受診し、検査をした上で臓器に異常がないことが判明してから自律神経失調症を疑います。病院で詳しい検査をすることで思いもかけなかった病気が見つかることもあり、治療をしているうちに不快な症状が消えるケースも多々あるのです。それでも症状が改善しない場合は自律神経失調症の可能性があります。心療内科に相談するのがおすすめです。

RECOMMENDED SITES

  • 自律神経失調症の改善大百科

    自律神経失調症を改善する方法はこちらにあります。サプリや医院の治療など様々なので上手く導入しておこう。