自分でセルフチェック|心をコントロールできなくなったら自律神経失調症を疑おう

心をコントロールできなくなったら自律神経失調症を疑おう

病棟

自分でセルフチェック

hospital

簡単にしこりチェック

乳がんを早期に発見するには、医療機関で行う乳がん検診はもちろんですが、自分でできる方法もあります。月に一度のセルフチェックが有効ですので是非行うようにしましょう。乳腺は月経終了後が一番柔らかくなっているので、しこりが発見しやすい状態になっています。閉経している人は、自分で日にちを決めてチェックするようにしましょう。また、鏡を見て左右の乳房や乳首の形も見てみましょう。視診でのチェックポイントは、赤味やむくみがないか、くぼみやツレがないか、乳頭にただれや湿疹、かゆみ、分泌物がないかなどをチェックします。仰向けに寝て指の腹で乳房全体を軽く押すようになでるように触ってみます。乳がん検診は医療機関でするだけなく、自分で積極的にすることでさらに、早期発見ができるのです。

検診のメリット

乳がん検診は、どうしても痛そうとか恥ずかしいという思いが出てきてしまいがちです。後悔しないことが一番大事ですので、ぜひ乳がん検診を受けてほしいものです。乳がん検診は、地域のがん検診を利用することで安い料金でできることが最大のメリットです。結婚し妊娠、出産を経験していればまだ検診もしやすいのですが、未婚であるとなかなか行きにくいのも事実です。乳がん検診の場合、マンモグラフィーの技師さんやエコーの先生は女性医師の方が多くなってきています。事前に医療機関に確認して、少しでも行きやすい状況にしてから受診するといいでしょう。自分でセルフチェックする場合、お風呂に入ったときに手で洗うということでも常にしこりのチェックができます。他の部分もチェックできるので煩わしくなくほぼ毎日できるので楽なチェック方法です。後悔することのないように乳がん検診を受けましょう。